クイックブレッド

クイックブレッドも作れます

クイックブレッドとは、イーストなどを使わずベーキングパウダーで膨らますタイプのパンです。発酵の時間がかからないのですぐ焼けることと、ケーキのような食感が特徴ですね。

厳密に言えば酵母を発酵させて作るのがパンなので、どちらかと言うとケーキ寄りだと思うのですがバターケーキやパウンドケーキのように砂糖を大量に使うわけではないので甘さは殆どありません。また、小麦によるグルテンで膨らませているのではなくベーキングパウダーで膨らませているので、パンのようなモチモチした食感ではなく、硬めのカステラのような口当たりを楽しめます。

 

クイックブレッドを作ります

 

早速作ってみましょう。

 

クイックブレッド 1159kcal
溶き卵と牛乳 80g
プレーンヨーグルト(無糖) 50g
薄力粉 120g
強力粉 60g
ベーキングパウダー 5g
バター 35g
砂糖 25.5g
2.5g

 

前回のバターケーキと比べてもらうと分かる通り、バターと砂糖は少なく小麦粉がメインです。しかしドライイーストなどの発酵を使わず、ベーキングパウダーで膨らませて作ります。

クイックブレッド

こちらの材料を

まず溶き卵と牛乳を合わせたものから入れます。次にヨーグルト。

卵とヨーグルト

次にバターや砂糖、塩を入れて

最後に粉(薄力、強力粉、ベーキングパウダーを合わせたもの)を入れます。

本体にセットして

コース「クイック/ケーキ」メニュー「クイック」でスタートです。

 

粉落としと生地の整え

前回のバターケーキと同じく、途中で蓋を開けて作業をする必要があります。

スタートしてすぐ2分後にピピッとなったらすぐ蓋を開け、周りの粉落とし。

再度スタートすると

今度は1分後にまたアラームが鳴ります。

二回目のアラームでは生地を整える作業があります。

といっても別に特別なことをするわけでもなく、焼き上がりの形が綺麗になるように山型にならすだけです。

粉落とし

内釜を傷つけないように柔らかいヘラでちょいちょいです。

それほど極端に崩れていることはないので、表面を軽く撫でるだけで大丈夫です。出来上がりがきれいになります。

 

再びスタートボタンを押して50分ほど経過。

焼き上がり

焼けました!

クイックブレッド

クイックブレッド完成

美味しそうに焼け…ん?

裏返してみると…

 

羽根が入ってる

羽根が入ってますw

このように生地の粘度が高いものは外す時に羽根を持っていかれる事が多いので、必ず確認してください。

うっかり切ってしまうと包丁も羽根も痛めます。

 

救出

ちゃんと取り出して…

 

美味しそうなブレッド

完成です!

 

美味しそうに焼けました。

 

味見をした感想です

クイックブレッドというからにはパンの部類だと思うのですが、どちらかというとケーキのスポンジ部分に近いと思いました。発酵させたふわふわの部分がないと「パン」とは違うと思います。

かと言ってケーキのようにしっとり柔らかくて甘いわけでもなく、例えて言うなら

スコーン

に似ています。

食べ方としてはジャムやバターをつけて、スコーンのように紅茶と一緒に合わせてもいいでしょう。

これをパンと考えたら朝食でもいけると思いますが、それなりに生地の甘みもあるのでおやつのイメージが強いですかね。

口の中の水分を奪っていく独特の感触が私はすごく好きで、思い出すと急に食べたくなるタイプのおやつです。材料も安く早く簡単にできるので一度試してみてください。