早焼きパン出来上がり

ホームベーカリーで失敗したパンは食べられる!?リメイクの方法は!?

ホームベーカリーの機能は日々進化していて、最新の機種であれば季節による室温の変化にまで対応してくれます。

こちらの記事でも紹介しています

それでも発酵に失敗して上手く膨らまないパンができてしまったら…滅多に起こることではありませんが

失敗したパンを捨てるのももったいない…どうにかして再利用できないものでしょうか。

色々可能性を考えてみました。

小さいパン

 

上写真:発酵が足りず小さく焼きあがったパン。密度が高く、表面は硬いです。

 

どこで失敗したのか?この失敗はカバーできる?

発酵そのものが全く起きていないために失敗したパターンと、発酵はしたもののいまいち膨らまなかったパターンでは味が変わってきます。発酵が起きなかった場合にはボリュームも少ないままで、中もベシャッとしているはずです。

この場合には残念ながら単なる水で溶いた小麦粉の塊なので、再利用はおすすめできません。あとからイーストを入れても膨らませることはできないでしょう。

逆に発酵したものの、過発酵、または発酵不足で大きさが足りないものは

密度の高いパン

として再利用できると思います。

 

1.パン粉として

失敗したパンも、薄く切って乾燥させ、一日置いてからフードプロセッサーで細かく挽きます。ザルなどでお好みの細かさまでふるいにかければ、自家製パン粉としてお使いになれます。

ただ、ホームベーカリーでは保存料を使っていませんので、普通のパン粉よりも早めに使い切りましょう。

ジップロックに入れて冷凍庫で保存することもできますが…そもそも失敗したパンをそこまで無理に使わなくてもって…思いませんか?

ちなみにフードプロセッサーがない方はおろし金でも代用できます。大変ですけど。

 

2.料理に使う

 

残ったパンの活用法といえば、パングラタン、ラスク、パンプディングが代表的ですね。

 

 

私が参考にしている、余ったパンでのレシピ本です。炒め物やスープに混ぜて作る洋食のレシピがたくさん載っています。

 

3.生地のまま全然焼けてない場合のみ

 

これは生地として再利用できます。ホームベーカリーの説明書にもありますが、まだイースト投入前なら一旦取り消してピザ生地コースに選び直し、生地を作りましょう。

イースト投入後ならそのまま取り出してピザ生地にできます。

 

最新機種なら失敗も少ない

幾つかリカヴァーの方法はあるにはありますが、やはり失敗しない方がいいですよね。

私のおすすめはパナソニックの機種です。ご予算と相談にもなりますが、最新機種ならまず失敗しないパン作りが楽しめます。

 

 

あっ 分量は正しく計ってくださいね!そこだけは守らないと焼けませんので!