クオカ 濃厚ミルク

クオカ「濃厚ミルクミックス」を御紹介

ホームベーカリーのメリットはなんといっても手軽、簡単なことです。

特に市販のミックス粉を使えばまさに「入れるだけ」で美味しいパンの焼き立てが食べられます。

今回はその中からcuocaさんの

「濃厚ミルク」味のパンミックス粉を使ってみました。

 

cuoca 濃厚ミルクミックス

クオカ 濃厚ミルク

用意するものはバターと水だけ、ということで、必要なのはバターだけです。ドライイーストは製品に必要な量が同封されていて計る手間も省けます。

バターが15gというのは若干多めですね。(通常は1斤10g)

原材料にバターミルクパウダー、脱脂粉乳と香料が含まれており、文字通り濃厚なミルクの風味が期待できます。

 

必要な粉は全て入っています。

 

焼きあがりです!

かなりボリュームが出ました。市販のミックスは発酵、焼き上がりに失敗のないように調整がされているのでいつでもキレイに焼けます。

やきたて濃厚ミルクパン

焼き上がりもきれいです。ミルクの香りがかなり甘いです!

お菓子でも焼いたかのような…

表面の硬さはそれほどでもなく、普通の食パンと同じですね。

切り分けたパン

粗熱を取って切り分けます。

もう、一枚切るごとに甘いミルクの香りがふわっと台所に広がります。

切った端からつまみ食いしたくなるような香りです。

今回はちょっと薄めに切ってみました。

感触はやや柔らかめかな?と言った程度で、特に切りづらいということはなかったですが

潰れないように優しく切ってあげた方がいいと思います。

 

生地のクラム部分の拡大です。ところどころ大きい気泡が入ってますね。発酵の具合がよかったのでしょうか。その分、空気を含んで柔らかい焼き上がりになりました。

 

「濃厚ミルク」感想

 

食べてみてまず思ったのが、ふわっとした柔らかさが今まで食べたミックスの中でもトップクラスという点でした。半分にちぎって、クラム(白い部分)を口に挟むと、ほとんど力を入れずにパンの耳から解けていくような柔らかさです。

そして濃厚ミルクの名前通り、非常にミルクの香りが甘いです!焼きに入った時点で、普通のパンとは違う、カラメルに近いような甘さを感じる香りが漂ってきます。かといってツンと来るようなむせるような甘さとは違い、むしろパウンドケーキの焼き上がりを彷彿とさせるような香りでした。

丸一日が経過してしまうと普通の食パンと同じようになりますが、焼きたての感触は流石にプレミアムと書くだけの風味と食感があります。私は焼いてすぐにそのまま数枚食べてしまいましたが、トーストしても美味しかったです。

甘すぎるパンはちょっと…という方にも一度は試していただきたい、おすすめのミックスです。