小さいパン

パンが膨らまない!?ホームベーカリーで失敗する原因ワースト3!

ホームベーカリーで失敗する?

 

 

誰でもかんたんにパンが焼けるのがホームベーカリーのいいところですが、ごく稀に失敗することがあります。

ちゃんと説明書通りに作ったはずなのに?どうして?何が悪いのか…

また、応用してアレンジレシピを研究している時に様々な要因で失敗することもあります。

一度はひっかかってしまうかもしれない!?ホームベーカリーの失敗例と原因を探りました。

パン

 

一番の失敗は「膨らまない」こと

多くの失敗談を読むと、全く大きさが出ないという点に尽きるようです。ケースの中で全くまたは少ししか膨らまずにそのまま焼きに入り、焼き上がりも小さいまま、というお悩みが多く聞かれました。

詳しい症状を聞くと「外側が非常に硬い」「密度が高すぎる」「変にしょっぱい」などなど細かい点に差はありますが、おおよそ膨らまないという現象です。この膨らまない原因を探ることがポイントになります。

失敗したパン

膨らまなかったパンです。内釜の上の方まで膨らんでいませんね。

 

失敗原因3位:ちゃんと混ざっていない

これは意外とあり得ることです。まず羽根を入れ忘れている、またはきちんとセットしきれていない、何らかの原因で回らなかったということが考えられます。

セットした状態で、指で羽を回してみてください。少し重いですが、正常に回らないということであれば焦げや小麦粉のカスが詰まっている可能性があります。裏側を掃除して正常に動くかどうかチェックしましょう。

羽根の部品

また、ドライイーストの入れ忘れもありえます。特に自動投入ができないタイプの機種では毎回注意が必要になります。

 

対策:先に混ぜておく

ホームベーカリーにセットする前に、ボールで粉類を混ぜておくと尚いいです。

バターは混ぜなくても大丈夫です。

イーストは自動で投入されるので混ぜないようにします。

水を入れた後は、混ぜると発酵が始まってしまうので機械に任せましょう。

 

失敗原因2位:分量を間違えている

そんなはずない!と言いたくなる気持ちをぐっと抑えて、もう一度最初に書いたレシピから見直してください。私は別のレシピで使った小麦粉の分量がそのまま残っていて間違えたことがあります。特にスマホでレシピをコピペするとありえるミスです。

強力粉

多すぎると膨らみが弱くなり、密度が高くなります。粉を増やしたら相対的にイーストの量も増やす必要があります。逆に少なすぎると小麦タンパクから出るグルテンが少なすぎるため、一度大きくなったあとでしぼんでしまいます。アレンジレシピを作る時には基本のレシピをなるべく崩さないように作ってみましょう。

小麦粉には多くの種類があり海外製の小麦の方が膨らみが強いという説もありますが、国産の方が安全性がありますし、市販の日清製粉のものでも十分膨らみます。

また、ライ麦粉や全粒粉などは普通の強力粉よりも膨らみが小さくなります。

米粉も小麦グルテンなしの場合は膨らむ要素がないので一般的な小麦粉よりも膨らみが小さくなりますが、これは失敗ではありません。

 

多くても少なくても発酵が上手く行きません。またスキムミルクがなくて牛乳で代用する際にはその分、水を減らすことがポイントです。

失敗した方も水の分量を厳密に計ったら成功したという例が多く、大事なポイントです。

塩を調味料だと思っていると計量がいい加減になります。実は塩は酵母を発行させるために必要な主原料であり、これを間違えると膨らみに影響します。私の経験ではあまり膨らまなかった場合、妙にしょっぱく感じられる事が多いようです。多いと酵母菌が活動できないのでしょうか。

岩塩などの特別な塩でなく、料理用の一般的な塩を使うようにしてください。

イースト

ホームベーカリーで使うのは顆粒のドライイーストと呼ばれる酵母です。小麦粉250gに対して2.8gが基本のレシピですが、0.3g程度間違えただけでも膨らみに影響します。計量スプーンでこれくらい、というのではなくスケールで厳密に計りましょう。

計量カップの売れ筋ランキングはこちら

 

市販のレシピ本に書かれている分量も、よく読むと小麦粉が多すぎたり水が多すぎたりと、ちょっと首を傾げたくなるものが時々見受けられます。迷ったり失敗が続いたら、説明書に書かれている基本のレシピに近い形に調節して試してみてください。

 

失敗原因1位:発酵できていない

膨らまない一番の原因は発酵が上手にできなかったことによるものです。

先程の混ざっていない、分量が違うということも発酵の妨げになりますが、他にも原因はあります。

 

室温、湿度

本来は発酵を扱う職場では湿度や室温を厳密に管理していますが、家庭でホームベーカリーを使う際にはそこまで調整できませんよね。真夏や真冬など、室温が極端な季節には温度も発酵に影響します。暑い時には水を5℃くらいまで冷やしてから使う、逆に寒すぎる冬には水やバターを常温に戻すなどの工夫が必要です。

しかし最近の機種では、なんと室温の変化に対応する機能も追加されて、一年中同じ条件でパンを焼くことができるようになっています!これは便利。

2018パナソニック最新機種の記事はこちら

 

イーストの管理

イーストは御存知の通り菌類です。生き物ですから暑すぎる場所にむき出しで置いておくと当然死んでしまいますね。開封前の状態ならまだしも、一度開封したものは消費期限もありますし早めに使い切るようにしましょう。

 

パンの知識と化学の知識

パンを上手く作るには、イーストの性質や主原料、副原料の働きといったパンの知識と、酵母や小麦粉のグルテンといった科学的な知識の両方が必要になります。

もちろんホームベーカリーには特別な知識がなくても上手に焼ける機能が搭載されているわけですが、より美味しいパンを、そしてアレンジを加えて面白いパンを焼きたいということであればどちらの知識もあったほうがより多くのバリエーションを楽しめるはずです。

特に小麦粉に詳しくなるとケーキやお菓子作りにも応用できますし、原材料に詳しくなればハード系、ソフト系と意識して選べますので市販のパンの中から自分好みのパンを探す手がかりになります。

失敗が続いても落ち込まず、たまたま成功しない方法を見つけたんだ、という気持ちで少しづつ失敗の原因を見つけて次につなげましょう。

 

どうしても失敗する!という方にはミックスがおすすめです。個別にドライイーストも放送されて適量になっているため、袋を開けて機械に入れるだけで確実に焼くことができるでしょう。