小麦

テレビ「カンブリア宮殿」で紹介!ブランパンが焼けるホームベーカリーとは?

先日、テレビ東京系「カンブリア宮殿」という番組で

「ブランパンが焼ける、ツインバードのホームベーカリー」が紹介されていました。

番組はツインバードというメーカーの独自性を特集するものでパンの特集ではありませんでしたが、

その中で触れられた

ブランパン

というキーワードについて調べました。

 

 

そもそもブランパンとは?全粒粉とは違うの?

 

番組によると糖質を抑えて作れる上に食物繊維も豊富で、健康志向の方に注目されているとのこと。

ではブランパンとは何なのでしょう。

小麦粉は、小麦粒を挽く際に果皮と胚芽、つまり外側の皮を取り除いて作ります。小麦粉の白さは胚乳の白さです。

一方で全粒粉は胚乳だけでなく果皮と胚芽も含めて挽くために色が付いていますね。

ブランパンとは、この果皮と胚芽の部分「のみ」で作られたパンのことです。

普通の小麦粉は外側を取り除くのに対して、ブランパンは外側「だけ」のパンということになります。

小麦

 

ブランパンの特徴

胚乳を取り除くことで小麦タンパクと糖質が大幅にカットされるため、カロリーが低く低糖質であることがまず挙げられるでしょう。全粒粉にも果皮や胚芽は含まれますが、ブランは更に胚乳をカットして外側だけで作るため極端に低糖質です。

しかし小麦の持つグルテンが出ないため一般的なホームベーカリーで焼くのは難しいと思われていました。そこを改良してブランによる製パンを可能にしたのがツインバードの新商品です。

 

まずは公式サイトと家電メーカーのサイトで情報をチェックしてみましょう。

ツインバード工業株式会社 ブランパン対応ホームベーカリーのページ

ジョーシン ネットショッピング ブランパンレポートのページ

 

ジョーシンさんの方では実際に焼き上げたレポートが読めますね。

しかし写真を見ると、かなり小さく密度の高いパンのようです。胚乳を除いているため、一般的なパンのようにふわっと膨らむ種類ではないように見えます。

レポートにもある通り、ギュッと詰まっていて焼き上がりはラスクのようなカリカリの仕上がりになるとのこと。

ブランというとシリアルでよく見かけるキーワードですが、あのカリカリ感に近いのではないでしょうか。

 

ヘルシー志向の新しいホームベーカリー

 

今までは取り除いていた外側(専門用語でふすまと言います)のみを使ってパンを作るという発想、ヘルシー志向の現代人の要望に応えようというツインバードさんの意気込みと実現させてくれた技術は頭が下がります。

ブランパン自体は「パン」とは少し違う印象を受けましたが、今後話題になればこの新しいホームベーカリーもヒット商品になる可能性があると思います。

もちろん普通のパンも焼けますので、これから新規に購入を考えられている方には他の商品と大きく違ったポイントになるのではないでしょうか。

 

 

お求めやすい価格ならこちらはどうでしょうか。

 

 

 

他商品との差があまり出しづらかったホームベーカリー業界ですが、今後はブランパンがキーワードになってきそうな予感もします。私もぜひ機会を見つけて試食したいですね!パン屋さんでブランパンを売っているといいのですが…