パン

パンの歴史、知ってますか?

 

今回は食べる方から少し離れて、パンの歴史についてご説明したいと思います。

もちろん知らなくても美味しいのですが、知っているとパン屋さんで選ぶのも楽しくなるようなトリビア(雑学)を集めていく予定です。

私達が普段食べているパンは、一体どこから生まれてどうやって日本に来たのでしょうか?

ヒストリーオブ「パン」

(トルティーヤもパンの仲間です)

 

 

【紀元前8000〜4000】

まずは原料となる小麦と人類の出会いです。紀元前8000年くらいのメソポタミア文明では麦が栽培されていたと推測されていますが、そこからパンの原型ができるようになるまではさらに4000年ほどを必要とします。紀元前4000年くらいの同文明では麦をすりつぶして粉にし、水を加えて日で焼く食べ物が作られていました。

当時はまだ醗酵技術はなく、おせんべいのような形だったと言われています。この「パンのご先祖様」は無発酵パン、種無しパン、平焼きパンと呼ばれ、現在でも派生した料理が世界各地で食べられています。メキシコのタコスに使われるトルティーヤは原材料がとうもろこしですが、平焼きパンの一種です。

 

【紀元前4000〜3000】

最初に発酵させたのはエジプト文明だと言われています。暑いエジプトで平焼きパンを捏ねていたところ高い気温により生地が膨らみ、「神からの贈り物」と呼ばれる発酵させたパンを焼く文化が定着します。

なお、エジプトのラムセス3世の墓に刻まれた壁画には揚げパンと思われるドーナツ状の絵が書かれています。しかし当時の技術でドーナツが揚げられていたかどうかは謎ですね。

 

【紀元前1000】

エジプトから古代ギリシャに製パンの製法が渡ると、オリーブやレーズンを組み合わせた菓子パンの元祖が作られ始めます。この頃にはギリシャにパンの品質を管理する職人が生まれ、パン屋さんの元祖になっていきました。またギリシャではワインを発酵に使っていたという説もあります。

 

【紀元前500〜西暦200年】

ギリシャの奴隷たちをローマに連れ帰った帝国により、パン作りの技法は古代ギリシャを経て古代ローマへと伝えられました。この時代にはすでにパン屋さんや職人さんが広く普及し、ローマだけで200件以上のパン屋さんがあったとされています。ボンベイの遺跡からは石臼や石窯が発掘されており、当時にはすでに現在のパン屋さんに近い技術が開発されていたと言われています。

この頃、日本では弥生時代でしたが中国から小麦が伝わり、先述の平焼きパンの元祖のような形で食べられていたようです。

 

【西暦500〜1200年くらい】

キリスト教の普及とパンは大いに関係し、身分の高い貴族は精製した白パンを、残りの麦で作られた黒パンを庶民は食べるというのが定説でした。また、最後の晩餐で有名ですがパンはキリストの肉として儀式に用いられています。

ところで「スープ」はラテン語のsuppaから来ており、もともと固くて食べられなかった黒パンを水分につけて食べていたことからきた言葉でした。つまり「パン」よりも先にスープがあったということになります。やがてパンの文化が独自に展開していくと水分がなくても独自に食べられるようになり、パンではなくて水分の方をスープと呼ぶようになったようです。

世界では、各地でそれぞれ作られていたパンの技法を集めて国ごとにパンの技法が確立されていきました。ナショナルブレッドと言われ、今で言うフランスパンやイギリスパンという呼び名の元になっています。

パン

【1543年・日本】

そして日本にもポルトガルから鉄砲と一緒にパンが渡ってきます。「パン」という呼び方はポルトガル語が由来とされています。

 

【西暦1600〜1700年くらい】

イタリアのルネッサンスにより、パンもまたその技術を飛躍的に向上させます。庶民の間にも製法が浸透し、一般家庭でもパンが食べられるようになります。

有名な「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」のマリーアントワネットは婚姻の際にパン職人を引き連れて王室に入り、クロワッサンやブリオッシュをフランスに持ち込んだとされています。なのでここでのお菓子とは別の形のパン(ブリオッシュ)だったのではないかと推測されています。

 

【1869年・日本】

東京・新橋の木村安兵衛が日本で初めてのパン屋(木村屋總本店)を創業。二代目の英三郎とともに酒種あんぱんを開発。これが最初のあんぱんになりました。その後、中央に桜の塩漬けを埋め込んだ桜あんぱんが明治天皇に献上され、以降皇室御用達の菓子パンとなりました。

あんぱんの登場を皮切りに同じく木村屋がジャムパンを発売。中村屋はクリームパンを発売して菓子パンが大流行します。

【18〜19世紀・世界】

食パンの原型とされるホワイトブレッドが開発。フランスではバゲットやバタールといったいわゆるフランスパンの形が作られています。

 

【1918年〜第二次大戦前の日本】

第一次大戦ではドイツ兵の中にいたパン職人の技術や、同盟国アメリカの製パン技術が日本に伝わり、生地に砂糖を使ったパンの生産が始まります。ドイツ人の中には日本でベーカリーを始めた人もいて、ドイツ式のオーブンが導入。工場での大量生産も可能になりました。

 

【第二次大戦中】

戦争により物資が不足。小麦粉を使ったパンはほとんど食べられなくなりました。パンだけでなく食料全体が不足し、当時食べられたパンは乾パンのような非常食しかありませんでした。

当時は食料が世界中で不足し困窮する中、アメリカは本土で穀物の大量生産を進め、食糧不足に備えました。このときに大量に作った小麦がやがて世界の食糧事情を救うとともに、後のパン食の急速な拡大につながっていきます。

 

【1940年代〜戦後】

戦勝国であるアメリカは余った小麦を大量に消費する作戦としてパン食を広めます。食糧難に苦しむ日本にも大量に小麦が送られ、給食で消費されるようになりました。これにより日本にも主食の中にパンが広まっていったのです。

 

【現代】

パン食は文化として広く日本に定着し、今では主食の一つにパンがあるのが普通になっています。

数多くのオリジナルなパンが日本でも作られ、世界中のパンをお店で買えるようになりました。

さらに家でもパンを焼きたいという要望に応えて家電メーカーはホームベーカリーを開発。

現代人のパンに対する愛情と情熱はとどまるところを知りません。

 

パン

パンは、材料である穀物をすりつぶして食べるという原始的なところからスタートしており非常に歴史の古い食べ物です。

それと同時に全世界に共通して愛される食べ物でもあります。

文明とともに姿を変え、時には歴史に翻弄されたパンですが、今はこうして様々なパンを楽しむことができるのも先人の食への飽くなき探究心があったからと言えるかもしれませんね。