抹茶と焼き立て

抹茶アレンジパン

様々なフレーバーを足していくホームベーカリーアレンジ。

今回は和のテイスト「抹茶」を足してみました。

パン

抹茶食パンの作り方

レシピは基本の食パンに4gの抹茶を加えたものです。

抹茶パンレシピ  
抹茶 4g
強力粉 250g
バター 10g
砂糖 17g
スキムミルク 6g
5g
180cc
ドライイースト 2.8g

室温が20℃以上の時には、過発酵を防ぐため水を5℃程度に冷やして10cc減らします。

抹茶は強力粉の後に入れました。

 

焼き上がり

抹茶パン焼き上がり

十分に高さも出ています。

 

抹茶パン

焼き縮みもなく無事に焼きあがりました。

抹茶と焼き立て

早速切ってみましょう。

 

抹茶パン切り分け

きれいな緑色ですね。もう少し濃くしたい方は5g入れてもいいと思います。

抹茶パンアップ

色にムラもなくきれいな仕上がり。

焼き上げた時には思ったよりも抹茶の香りが少なく、こんなもんかな?と意外だったのですが

切り分けてみるとしっかりと抹茶の香りがします。

一晩置いても抹茶の風味は消えることはなく、美味しくいただけました。

 

抹茶パンのおいしい食べ方

 

普通にバターやジャムでもいいと思いましたが、せっかく和風のパンなので、小豆をのせてスイーツ風にして食べてみるのもいいとおもいます。

抹茶パン食べ方

まずはパン用クリームを塗って(このままでも美味しいです)

抹茶パンとあずきで

あんこを乗せてスイーツ風に。

 

ちなみに抹茶とバターだとちょっとミスマッチかなと思いましたが特に違和感はなかったですね。

よく考えたら抹茶パフェとかありますから、クリームと抹茶は決して相性は悪くないと思いました。

今回使ったミルククリームとチューブ入りのつぶあんはこちら

 

ソントン パンにぬるクリームミルク 180g

 

井村屋 つぶあんトッピング 130g×2個セット

 

 

つぶあんって1kgで売ってるのが多いんですが、いつも余らせちゃうからチューブタイプだと助かります。

一般的に、あんこの賞味期限はあまり長くないです。

 

パンさらなるアレンジをするなら

今回は割と普通に頂きましたが、抹茶パンを少し厚めにスライスし、中をくり抜いて

ハニトー

を作るというのはどうでしょうか。

ホイップクリームと小豆、栗を乗せて和風パフェっぽくなっていいと思います。